ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品情報設備インフラ ゴム・タイヤ機械タイヤ製造設備検査機

検査機

完成タイヤの出荷前検査工程は、タイヤの均一性検査と重量アンバランス検査の2つに大別され、三菱重工機械システムはそれぞれの目的に対応する機種をラインナップしております。また、これらを連結した統合機も提供しています。

検査機 機能
ユニフォーミティマシン
(UFM)
インフレートタイヤの保持はインフレート圧を利用した機械式チャック機構を採用して油圧システムを排除し、タイヤ搬送高さをFL+1300mmに抑えた、保守性とタイヤ計測精度に優れたユニフォミティマシンです。ジオメトリー計測機能、自動リム交換装置(交換時間45秒)、グラインダ装置の装備も可能です。
タイヤの搬送と、搬送のための段替をサーボモータ駆動としたことにより、高サイクルでの計測が可能となり、また、搬送の難しいハイパフォーマンスタイヤの搬送、計測が可能となりました。
ダイナミックバランシングマシン
(DBM)
主軸に直結した駆動モータを組込んだビルトイン構造を採用しているので、駆動機構から発生する振動ノイズを最小化して高精度にタイヤバランスを計測でき、保守性にも優れたバランサです。
タイヤ搬送はセンタリングアームをトラバースする機構を採用しており、タイヤの搬送を正確かつ確実に出来ます。オプションで自動リム交換装置を装備可能です。
UFM&DBM統合機 ユニフォミティマシンとダイナミックバランシングマシンを連結し、タイヤの判定を統合して行います。オプションでグラインダ補正機能、タイヤ重量計測、通電チェック機能の追加が可能で、検査内容を高度化し、検査工程の効率化、簡素化に寄与します。
さらに、自動リム交換機能、タイヤバーコード読み取り機能、工場の上位コンピューターとの通信機能などを付加させ、検査機の自動運転を高度化することができます。

その他

  • インターネットを利用した遠隔監視機能の装備が可能です。
  • ジオメトリー計測はシートオブライト方式での対応も可能です。
  • 当社では、UFM&DBM統合機のデモンストレーション用マシンを所有し、デモンストレーション運転並びに、お客様のタイヤを使用してのテスト計測が出来ます。(計測対応項目: ユニフォミティ、タイヤジオメトリー、ダイナミックバランス、グラインダ補正、タイヤ重量計測、電気抵抗計測)

ユニフォーミティマシン

ユニフォーミティマシン

ダイナミックバランシングマシン

ダイナミックバランシングマシン

UFM & DBM統合機

UFM & DBM統合機_1
UFM & DBM統合機_2
担当窓口:機械装置営業部 産業機械営業課 082-291-2276
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る